RBホームズの復帰が困難に

 カンザスシティ・チーフスは、RBプリースト・ホームズを開幕から最低6週間は出場できないPUPリスト(Physically Unable to Perform List)に入れた。これにより、ホームズの現役引退の可能性がより高まったと見られている。昨季、彼はサンディエゴ・チャージャーズ戦でLBショーン・メリマンタックルを受けて頭と首を負傷し、シーズン残り9試合を欠場した。そして未だに医師からは、練習に参加する許可が出ていない。

 ハーマン・エドワーズヘッドコーチは、ホームズについて「現時点での彼は、明らかにプレーできる状態ではない。彼のキャリアがどうなるかは誰も分からない。彼と医師の間で分かることだ」とコメントしている。ホームズは、1997年にボルチモア・レイヴンズでプロ入り、2001年にデンバー・ブロンコスへ移籍すると3年連続でラン1,400ヤード以上、レシーブ600ヤード以上を記録した。しかし、過去2シーズンは故障により計15試合しか出場していない。